理念

予防根本療法と人材育成を確立し、

健全で活力ある社会づくりに貢献します。

私たち一般社団法人ソティル健康セラピー普及協会は、質の高い「予防根本療法」の知識と技術を兼ね備えた真の健康サポートができる人材を育成し、健康・美容・福祉・医療・スポーツ業界のプロフェッショナルな現場での活動、さらには、健康維持のために自宅ケアの普及を目指し、子供からお年寄りの方まで、あらゆる人々が健康バランスを取り戻しイキイキと活動できる、健全で活力ある社会づくりに貢献することを目的としています。

代表理事ご挨拶

山下 智幸 代表理事 山下 智幸

 毛染めによる強いアレルギーで気落ちした母の「生きる希望と力を呼び戻したい」という一心で、独自のイオンテクノロジーを確立し、開発したのが1cc当たり220万個のイオン含有数を誇る高濃度Wイオン肌・髪・全身トリートメント「ソティル」です。

 全身の電気的なバランスを正常化する「ソティル」による施術は、母の毛染めへの恐怖心を「安心安全で気持ちのよいもの」へと変化させただけに留まらず、健康美容・治療の現場から、多彩な感動の声が届くようになったのです。さらには、

  • 自律神経機能の改善が、科学的データに基づき実証
  • 治療現場では重心バランス軸調整や、脳脊髄液の循環を促すエビデンスの報告

 ただひとつの開発製品を使用した施術が次々と挙げた数々の実績により、予防医療や健康寿命に寄与していけると確信し、「ソティル健康セラピー」を開発するに至りました。

 高齢化社会となり、一億総活躍社会の実現は急務でありながらも、多忙で疲労感や倦怠感、心理的ストレスを抱える日本の現状において、短時間で絶大なパフォーマンスを発揮する「ソティル健康セラピー」は、多くの人の力となるはずです。そのためにも、知識と技術を兼ね備えた人材育成を目的とした

  • ライセンス資格講習制度
  • 情報交流・コミュニケーション・技術向上研鑽の場を提供
  • 独立支援

などに取り組んでまいります。

「ソティル健康セラピー」が活躍できる場は、健康美容、エステ、リラクゼーション、治療業界、スポーツ業界と、多岐に渡ります。家庭での健康維持のために自宅ケアの普及も目指すため、より多くの人たちの真の健康サポートが可能となるのです。

当時、私の母がイキイキとした人生を取り戻したように、より多くの人たちが健康的な人生を取り戻し、より良い豊かな人生を送るための手助けをするのが、「ソティル健康セラピー普及協会」の使命であると考えます。その実現こそが、日本の高齢化社会を支え、活力と希望溢れる社会づくりに繋がると信じています。

想いを共有できる皆様と共に歩み、共に発展してまいりたいと願っております。今後とも何卒よろしく願い申し上げます。

副理事ご挨拶

花屋理事副理事 花屋 奈緒美

「ソティルの感動を伝えたい」という強い想いから、創業メンバーとして、企画や販促に携わり、ソティルの使い方をお伝えし続けてまいりました。施術業界の方々の年々高まるご要望にお応えするために、数多くの表現方法と使い方を考案し、気が遠くなるような十数年が経過しました。

ある時期、あまりの忙しさが続く中で心労が積み重なり、背中のこわばりから深い呼吸ができなくなったことがあります。我慢が出来なくなり、実家に駆け込み、母にソティルを背中に塗り込んでもらうと、なんと数分で呼吸が楽になったのです。ソティルケアのゆるめるチカラを確信し、美容だけではなく健康面でも大きな力を発揮できると感じた瞬間です。

疲れや緊張で背中がこわばると呼吸が浅くなり、身体のめぐりが滞ります。自律神経が集中する背中をゆるめるケアをすることで、疲れきった身体が瞬く間に息を吹き返し、こんなにも日々の生活が心地よく変わったのです。この実体験から生まれたのが、疲れケアベッドバージョンであり、さらに進化を遂げた「ゆるめぐ」です。首、肩、背中、頭皮の緊張をゆるめ、めぐりを良くする・・・そして、ゆっくりやさしく塗り込む施術は、疲れをリセットするだけでなく、施術者が疲れないというのも大きなメリットです。当時70代後半の母の手で、私の心身は十分に元気を取り戻すことができたように。

これから、ますますストレス社会となるでしょう。ソティルによる予防根本療法の確立を実現して、沢山の笑顔をお届けしていきたいと願って止みません

総括ディレクターご挨拶

総括ディレクター

総括ディレクター 山本 耕説

初めてソティルの疲れケアを体験して、自分の顔のビフォーアフター写真を見た時に、今まで見たことがないほどはっきりと小顔になり、リフトアップしていたことが衝撃的でした。それから、頭皮や背中をケアしたり、お風呂に入れてみたりと色々試しましたが、いずれの結果も驚嘆させられるものでした。逆に、ソティルは2003年の発売から時が経過しているのに、「こんな良いものが、なぜ広まっていないのだろう?」という疑問が湧きました。

ソティルが広く行きわたっていない原因を究明していくと、ある仮説にたどり着きました。「もともと日本に、美容にも健康にもパフォーマンスを発揮するトリートメントが存在しなかったため、全身をケアする習慣がないことが原因ではないか」ということです。ソティルのサンプルを渡しても、日々酷使している体をケアする習慣がないため、ほんの少しの量しか塗らない方や、顔しか塗らない方が多く、ベストな使い方をしてもらえないのです。正しい商品知識や使用方法も伝えて習慣化するための継続したサポートが必要だと思いました。

そこで、ソティルを使った専用メニューを開発し、お客様に応じたカウンセリングやアドバイスができる人材の育成をパッケージライセンスで、ご提供することにしました。短期間で開業できて、経験を積めば受講生を指導するトレーナーにもなれるように設計してあります。「ゆるめぐ」と「整体脳セラピー」という2つのパッケージライセンスを通して、ソティルを塗る習慣を全国に広め、ソティルで幸せの輪を広げていきたいと強く思っております。

 

 

協会概要

団体 一般社団法人ソティル健康セラピー普及協会
代表理事 山下 智幸
所在地 〒800-0257福岡県北九州市小倉南区湯川5-5-10
電話番号 093-383-0339
FAX番号 093-922-1028
設立 2020年2月10日

error: コピーはできません。

Copyright© 一般社団法人ソティル健康セラピー普及協会 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.