【エビデンス】ゆるめぐで自律神経が改善!

ゆるめぐの検証タイトル

たった30分で、自律神経が改善!?
ゆるめぐ(ソティル疲れケア ベッドバージョン)の自律神経機能に与える影響を評価するため、50名(男性2名・女性48名/平均年齢52.6±11.6歳)に対し、施術前後の自律神経機能測定(副交感神経機 能(HF)・自律神経のバランス (LF/HF)・自律神経機能偏差値(D-SCORE))を比較した。※各群間の有意差検定については1標本t検定にて行った。

これまで客観的な評価が難しかった「疲労」の測定を、指先から脈波・心電波を同時に測定し、心拍変動を解析して自律神経のバランスと活動量(自律神経機能年齢)を表示することで、具体的で精度の高い疲労検査を可能とした。

疲労感や倦怠感は、体の異常を伝える重要なアラーム信号の1つです。明らかな病因が見つからない、原因不明の激しい疲労感が続くために、日常生活にも支障をきたすような「慢性疲労症候群(CFS)」と呼ばれる病態も、就労可能人口の0.3%に認められています。「疲労ストレス測定システム」は、自律神経のバランスと活動量(自律神経機能年齢)をセンサーで測定し、「自律神経測定」することで、これまで客観的な評価が難しかった「疲労度」を高い精度で見える化しています。

施術前後の自律神経機能評価結果

副交感神経機能が221%アップ

自律神経のバランスが正常値に

 

自律神経機能(疲労度)が改善

ゆるめぐの施術を受けることで、副交感神経機能(リラックス状態)が高まり、自律神経機能(疲労度)が回復しました。

まとめと結論

総 評 施術前後の比較では副交感神経の有意な上昇がみられ、自律神経のバランスの有意な低下、自律神経機能偏差値の有意な上昇がみられる
結 論 施術前後で副交感神経機能の有意な活性化がみられる。そのため、自律神経バランスが交感神経の 過緊張状態からリラックスした正常の状態へと変化している。また、自律神経機能全体の働きの活 性化もみられる。このことは、この施術により、副交感神経機能の活性化を促進し、自律神経機能の改善につながっていることを示唆している。

 

error: コピーはできません。

Copyright© 一般社団法人ソティル健康セラピー普及協会 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.